言葉を変えて、性格を変えていく

うまくいくまでは、うまくいっているフリを続けよというような言葉がある。成功はうまく言っている人を真似ている人にやってくる。

TTP という言葉を聞いてことありますか?「環太平洋パートナーシップ協定」ではなくて、『徹底的にパクる』です(笑)

言葉によって性格は変化していく。「でも」とか「だけどさ」など否定的な言葉が前提にある人や、ネガティブな言葉を多用する癖のある人は、心にゴミを食べさせているようなものである。

言葉を真似ることで性格を変えることもできる。

自己啓発書のバイブルと言っていいスティーブン・コヴィー氏『7つの習慣 』には、主体的に考えるために選べる言葉がいくつか紹介されている。

〜しなくてはならない  →   私は、そうすることに決めた
〜でないとだめだ    →   〜の方がいいと思う
〜をやらなければ    →   どこから始められるだろうか
この仕事は無理だ    →   最初だけでもやってみよう

といったように。
このように肯定的な言葉をあえて選ぶことによって、人は肯定的に性格を穏やかにしたいなら穏やかな言葉を、自信を持ちたいなら自信のある言葉を真似してみる。

大事なのは、とりあえずでいいので「やってみること」
トライしてみることがなにより大切!

一日の終わりに、今日に感謝してみる。
最初は恥ずかしいけれど、自分に「ありがとう」と言ってから寝る。

予定通りいかないことがあっても、できたことに目を向けてみる。

そういったところから小さな変化が始まるのです。

LINE@

まずはLINE@で
お気軽に問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です