時間の見積もりをあらかじめ決めておく

メールや電話は仕事において大半の時間を要します。

まず、メールは一日に何通も処理するので、工夫することによって大きなメリットを得られます。

一通のメールへの返信を1分に設定してみてはいかがでしょうか?

※僕もこのコラムを書くのには、1記事あたり15分以内で収めることを意識しています。

また、同時に三行ルールというのも有効です。

できるなら一行で収める。長くても三行で収めるように工夫してみる。
枕詞などの必要のない文章を入れないことを やってみる こともコツです。

「1分ルール」「三行ルール」を取り入れることで、心理的負担も軽くなりすぐに書き上げることができるようになります。

また、もうひとつメリットがあり、短い文章には相手からの返信も短くなる傾向があります。

相手の文章が長いからといって、合わせる必要はありません。

相手の言いたいことを汲み取り、短い文章で重要な要点さえ抑えておけば、支障は起きないどころか効率が良くなります。

メールは簡潔に。

LINE@

まずはLINE@で
お気軽に問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です